速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

本郷理華SP6位発進|ソチ五輪金ソトニコワはGP復帰戦4位|GPシリーズロシア大会

   

Sponscred Links

20日フィギュアスケートのグランプリシリーズ第5戦、ロステレコム杯(モスクワ)が開幕した。

■ どうした本郷理華?

本郷里華

出典number.bunshun.jp


女子ショートプログラム本郷理華(19歳:邦和スポーツランド)は、ファイナル出場を掛けて昨年優勝した縁起のよいリンクに立った。

しかし、ジャンプの回転不足により得点が伸びず63.45点で6位にとどまった。

昨日の練習では転倒を繰り返していたが、練習終了後のインタビューには「しっかり気をつければ大丈夫」と語っていた。

しかし、6位と言うのはチョット痛い。

と言うのも、グランプリシリーズは2戦しか出場できない、1戦目は2位で13点を稼いでいるが、今回は3位までに入らないとファイナル出場は難しくなると考えていい。

他の選手との兼ね合いもあるので4位でも可能性は無いわけではないが、厳しいと思う。

明日のフリースタイルでは、何とか前回見せてくれた渾身の演技で表彰台に上ってほしい。

そうすれば2年連続ファイナル出場が可能になる。

浅田真央と二人がファイナル出場となれば、日本のファンにはたまらないファイナルとなる。

Sponscred Links

■ ショートプログラムの得点表と総評

本郷理華

永井優香(16歳:東京・駒場学園高)は53.19点で9位、初戦の第2戦スケートカナダでは渾身の演技で3位に入り表彰台に上っていただけにチョット残念な結果となった。

永井優香は、

「思い切り滑ろうと思っていたが、ジャンプの直前に硬くなってしまったのが心残り、失敗したことで改善するところが見えたので、フリーでは挽回できるように頑張りたい」

加藤利緒菜(17歳:大阪・長尾谷高)は59.26点で10位と硬くなったのか本来の力が出せなかった、とは言ってもまだ高校生、国際大会の経験をつんだと思えば良い、明日は思い切った演技をしてほしい。

加藤利緒菜は、

「もうちょっとできると思ったんですが…すごく緊張してしまって、力が入ってしまいコンビネーションができなかったのが悔しい。フリーは順位とかは関係なく、自分でできることをやりたい」

本郷理華は、

「大きなミスはなかったけど、回転不足とかあって少し悔しいです」

演技後は笑顔がありましたが?

「緊張した中で回転不足とかあったんですけど、大きなミスはなくてほっとしたので」

フリーではどのようなことを?

「楽しんで思い切り表現できるように頑張りたい」

首位にはパーソナルベスト71.79点を出したエレーナ・ラジオノワ(16歳:ロシア)が立った。

 - 未分類 , , ,