速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

下町ロケット第5話|出演:阿部寛・土屋太鳳|

   

Sponscred Links

2015年を締めくくる秋のドラマに「下町ロケット」が登場します!

下町ロケット【ネタバレ第5話】佃製作所VS帝国重工

下町ロケット公式サイト http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

主人公:阿部寛(佃航平:つくだこうへい)
航平妹:土屋太鳳(佃利菜:つくだりな)

■ プロフィール
■ ドラマ「下町ロケット」を見る前に!
■ 佃航平(佃製作所社長)
■ 一方、帝国重工のロケット計画では?
■ 佃航平が下した決断とは!?

■ プロフィール

出典good-living.net

出典good-living.net


本名:阿部寛(あべひろし)

生年月日:1964年6月22日(51歳)

出生地:横浜市神奈川区

身長:189cm

血液型:A型

事務所:茂田オフィス

阿部 寛公式ホームページ http://homepage3.nifty.com/abe-hiroshi/

■ ドラマ「下町ロケット」を見る前に!

直木賞を受賞した池井戸潤さんの代表作の一つ。

往々として有り得ると思わせる大企業の横暴さ、戦後の荒れ果てた日本を取り戻した中小企業の技術力との戦い。

しかしこのドラマを見て私は思ったことがある。

それは、このドラマでは特許を取得し、その特許に対する攻防が描かれているが、

これまでの日本では、この特許を取得していなかったが為に多くの発明が大企業に乗っ取られて来ている。

まさにこの事実こそが大企業の横暴なのです、このことを踏まえて下町ロケットをみていきましょう。

■ 佃航平佃製作所社長)

出典nyaasokuvip.net

出典nyaasokuvip.net


佃航平は宇宙科学開発機構の優秀な研究員としてロケット開発にたずさわっていた。

しかし、ロケット打ち上げに失敗、言いがかりともいえるロケット打ち上げ失敗の責任をとり退職することになった。

父のあとを継ぎ佃製作所の二代目社長として会社を経営する。

佃航平は、ロケット打ち上げに失敗した原因を探り、自分の工場でもロケットエンジンの開発に力を入れる。

しかし、銀行から融資を断られることになる。

こんな折ナカシマ工業が、佃製作所を子会社化しようと特許侵害などで提訴、長期の裁判となってしまった。

有能弁護士を雇い、ナカシマ工業に対し真っ向から挑むことになった。

■ 一方、帝国重工のロケット計画では?

出典nyaasokuvip.net

出典nyaasokuvip.net


帝国重工は宇宙事業「スターダスト計画」を始動し、巨額の資金を投じて水素エンジンを開発した。

しかし、3ヶ月の差で佃製作所がバルブの特許を取得しており、帝国重工の特許が認められなかった。

帝国重工は重役会議を行い、佃製作所の持つ特許を買い取る事を決定。

佃航平に20億で特許を買い取ることを打診してきた。

■ 佃航平が下した決断とは!?

20億の資金が出来れば倒産しかかっている佃製作所の建て直しが出来る。

しかし、佃航平にとってせっかく取得した特許でロケット開発する夢を諦めることとなる。

だが、経営者として会社や社員を路頭に迷わせることも出来ないことから、葛藤が続いた。

帝国重工佃製作所から特許を取得する事は不可能と考え、年間5億円の使用料で特許を独占契約させて欲しいと申し入れる。

佃航平は「社員に帝国重工に水素エンジンを提供する」ことを提案する。

社員は「エンジンが原因で打ち上げに失敗すれば、損害賠償を請求される」と反対した。

佃航平は「金の問題じゃ無い。エンジンメーカーとしての夢とプライドの問題だ」と答えた。

何とかして佃製作所の特許使用の承諾を得たい帝国重工は、あらゆる手を考え部品納入を考え直すよう迫る。

あまりにも理不尽な申し入れに、佃製作所は「こんな契約など無くても我々は困りません。どうぞ、お引き取りください」と告げた。

結局帝国重工は、佃製作所のバルブの採用を認めた。

数々の試練を乗り越え、当初からの夢である自作のバルブを使用してのロケット打ち上げとなる。

■ 戦後の日本を支えた技術

日本の技術が世界に認められるようになった昨今、大企業に紙くずのように捨てられた研究者や中小企業が星の数ほどいることを忘れてはならない。

このドラマにも出てくるバルブ、ネジや半導体、液晶などなど、日本が誇る技術はさまざまな分野で今なお使い続けられている。

 - 男性芸能 ,