速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

TPPのメリット・デメリット、日本・米国を中心とした環太平洋戦略的経済連携協定 Vol1

      2015/11/20

Sponscred Links

■ TPP正式名称はTrans-Pacific Partnership。

別名、Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement。

日本語:環太平洋戦略的経済連携協定
このTPPについて、シリーズで見ていくことにする。

もともとは2006年に

■ シンガポール
■ ニュージーランド
■ ブルネイ
■ チリ

以上の4カ国間で発効したP4(パシフィック4

と呼ばれる規模の小さいEPAであった、
2009年に

■ 米国
■ オーストラリア
■ ペルー
■ ベトナム

が次々と参加し、名称もTPPに変更される。
2010年に

■ マレーシア

が加わって参加国が9カ国に拡大

日本でも注目されはじめた。

2013年2月23日

アベノミクスを推し進める安倍首相

「聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になった」

として事実上のTPP参加を表明。
翌月3月15日にはTPP交渉への参加を正式に表明し、

これからの交渉に全国民の関心が集まる事となる。
■ 日本

が参加し10カ国
これに

■ カナダ
■ メキシコ

が加わり12カ国となった。

tpp

■ そもそも何故今頃になって大騒ぎしているのかと言うと

この12カ国の中には

日本アメリカのような経済大国もあれば、

ベトナムペルーを始めとする後進諸国も参加している

ため、統一条件を定めることが一大課題となっていた。
今回の会議で概ね条件が出揃ったことから一気に実用へ

向けて進み始めた。
それでは、
TPPに参加することによって

日本国民に何が有利に働くかだが問題は山ほどある。

■ では概ねのメリットデメリットを見て行こう。

tpp2

TPPに参加するとこんなメリットが

1.経済産業省は、TPPに参加しないと輸出企業の
業績悪化が見られ雇用が81万人減るとされる。

2.関税の撤廃される為、TPP参加国からの輸入肉
・野菜・果物・乳製品などの食品が安くなる。

3.関税の撤廃により日本輸出産業の製品輸出額が
増大する。

4.整備・貿易障壁の撤廃により、大手製造業企業
は利益が増える。

※結果グローバル化が加速することで、GDPが年間2700億円増加する見込み。
TPPに参加するとこんなデメリットが?

1.海外商品が大量輸入されることでデフレを引き
起こす可能性がある。

2.関税の撤廃により安い農作物が輸入され、日本
の農業に大きなダメージを与える。

3.TPP参加国で食品基準が決定されるため、これま
での日本の基準は通用しなくなる。

※食品添加物・遺伝子組み換え食品・残留農薬などが規制緩和される予定。

4.医療保険の自由化・混合診療の解禁により、国
保制度の圧迫や医療格差が広がると懸念される。

ここで、一般国民が注目するのは、メリットの2.ではないだろうか?
輸入肉・野菜・果物・乳製品などの食品が安くなる

と言うのは、一見大きなメリットのように思える、
が、デメリットの3.を見てほしい
特に※以降
食品添加物・遺伝子組み換え食品・残留農薬などが規制緩和される

とあるが、

緩和されると言うより、後進諸国に出来る程度に合わせる必要が出てくると言うこと。
となると、日本の基準はほぼ通らない
つまり散々これまで問題とされてきた食品添加物・遺伝子組み換え食品・残留農薬の問題が再び起きると言う事になる。
では、不参加にすれば、となると日本が誇る製造業の業績悪化が起こるのは必然。
メリット

1.の経済産業省発表の雇用が81万人減と言うことになる。

※実際はこんな単純なことではなく、参加せざるをえない状況であることは伝えておこう。

さてあなたはどちらを選択しますか?

次回から(Vol2以降)

各分野のメリット・デメリットを解説していく事にします。

tpp4

 

 

 

 

 

 - TPPについて