速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

アリシア・ヴィキャンデル可愛すぎる|ルイ・ヴィトン|コードネーム U.N.C.L.E.

   

Sponscred Links

下記のコンテンツで記載しております。

■ プロフィール
■ ルイ・ヴィトンの新広告からオファーが。
■ コードネーム U.N.C.L.E.(11月14日(土)公開)
■ アリシア・ヴィキャンデルの出演。

■ プロフィール
アリシア・ヴィキャンデル
本名:Alicia Amanda Vikander(アリシア・ヴィキャンデル)

生年月日:1988年10月3日(27歳)

出生地:スウェーデン(ヴェストラ・イェータランド県ヨーテボリ)

国籍:スウェーデン

職業:女優・ダンサー

母親:マリア・ファール・ヴィキャンデル(女優)

父親:スヴァンテ・ヴィキャンデル(精神科医)

もともとバレリーナになる夢を持っていた彼女は、7歳の時から数多くのミュージカルに出演していた。

2004年から2007年まで首都ストックホルムにあるスウェーデン王立バレエ学校(Kungliga Svenska Balettskolan)で学んだ。

2007年から2008年にかけてスウェーデン・テレビのドラマ「Andra Avenyn」に出演してブレイクする。

数々の映画に出演し

2010年「Till det som är vackert」でカタリナ役を演じ、2011年度グルドバッゲ賞主演女優賞を受賞した。

また、スウェーデン版「ELLE」のベストドレッサーに選ばれた。

2014年には「世界で最も美しい顔100人」にもランクインした。

■ ルイ・ヴィトンの新広告からオファーが。

先日、ジェニファー・コネリーミシェル・ウィリアムズに続いて、3人目の「ルイ・ヴィトンLOUIS VUITTON)」の新たなミューズとして起用されることが発表された。

アリシア・ヴィキャンデル ルイ・ヴィトン
ルイ・ヴィトンの新広告、ビジュアル2015-16年秋冬シーズン・広告キャンペーン「SERIES 3

撮影を担当したユルゲン・テラーとブルース・ウェーバーが名だたる女優を数名指名、その一人にアリシア・ヴィキャンデルが選ばれた。

ユルゲン・テラーは、バルセロナ近郊の邸宅でアリシア・ヴィキャンデルを撮影。

他に選ばれたのは、フェルナンダ・ リー、リヤ・ケベデ、エンジェル・ラトレッジ、ジェニファー・コネリーの4人だ。

■ コードネーム U.N.C.L.E.(11月14日(土)公開)

東西冷戦真っただ中の1960年代前半、ナチスの残党が強大な国際犯罪組織と手を組み、テロ計画を企んでいた。

そんな中、CIAで最も有能な男といわれるナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)と、KGBに史上最年少で入った超エリートのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は、国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。

だが手掛かりは、その犯罪組織潜入の鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘だけであった。

彼女を守りながら、科学者を探し出さなければならないタイムリミットが迫る中、核爆弾大量生産の危機から二人は世界を救えるのか……。

■ ハリウッドで注目を集めるアリシア・ヴィキャンデル
アリシア・ヴィキャンデル2
ガイ・リッチー監督がヘンリー・カビルとアーミー・ハマーを迎え、1960年代の人気TVシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を映画化した「コードネーム U.N.C.L.E.」。

本作でヒロイン(ギャビー役)を演じたアリシア・ヴィキャンデルが、ハリウッドの“イットガール”として大きな注目を集めている。

アリシアはインタビューでギャビー役について

「彼女はお飾り的な女の子じゃない。クールで、怖いもの知らずで、負けず嫌いなの(笑)」と答えた。

続けて、

「監督たちが彼女を、ステキなおてんば娘として描いていると聞いて気に入ったわ。

私はギャビーを魅力的で、観ていて楽しくなるような女性にしたかった」

と役作りについて語っている。

そんなアリシアに対する評価は、

「星のように輝いている」(ローリング・ストーン誌)、

「スパイ映画に登場する女性の中で最高にチャーミングで必見だ!」(ComingSoon.Net)

など海外の映画評もベタ褒めしている。

監督のガイ・リッチーも

「アリシアには本当に特別なものがある」

と大絶賛し続けた、

「ヘンリーとアーミー、そしてアリシアに率いられた素晴らしいキャストで撮影できて満足している」

と答えた。

■ アリシア・ヴィキャンデルの出演。

エディ・レッドメイン主演で本年度ヴェネチア映画祭のコンペティション部門に選出されているトム・フーパー監督の「The Danish Girl」。

マット・デイモン主演の「ボーン」シリーズ最新作(2016年全米公開予定)にも起用が決定している。

今後の彼女の活躍に期待したい。

 - あ行 ,