速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

中川愛理沙|Miss International|プロフィール過去を調査|National Costume 受賞

   

Sponscred Links

以下の内容で記載しております。

■ プロフィール
■ wikiにも情報がないので、独自に調査しました。
■ 調べたところによると。
■ 中川愛理沙さんの現在までの主な活動は?
■ ミス・インターナショナル・コンテストとは?
■ 日本人の過去の受賞は?
■ 審査員は?
■ 2015 ミス・インターナショナル世界大会の結果は?
■ 他の賞の受賞者は?
中川愛理沙水着

■ プロフィール

本名:中川愛理沙(なかがわ・ありさ)

出生:1996年2月13日

出身地:千葉県

学歴:和洋女子大家政学群服飾造形学類2年

事務所:アデッソ

サイズ:172cm・82cm・59cm ・88cm

趣味 韓国語の勉強 クラシックバレエ

公式サイト ⇒ 中川愛理沙公式ブログ

■ wikiにも情報がないので、独自に調査しました。

2歳から始めたクラシックバレエは、一級品で「外国人の人たちには負けません」と、きっぱり。

腕前もさることながら、度胸も満点な愛理沙さん。

第55回ミス・インターナショナル(美のオリンピック)世界大会では、

桜の花びらをデザインした着物姿で登場し、70の国と地域の代表の中から、自国の民族衣装をもっとも魅力的に披露した代表に贈られる「ミス・ナショナルコスチューム」に輝いた。
中川愛理沙着物

モデルとして活動中ですが、さすがにクラシックバレエで鍛えた抜群のプローション。

今後は、女優CM活動とオファーが入るはず。

TVで拝見できる日も近くなった。

彼女の活躍に期待したい。

■ 調べたところによると。

中川愛理沙さんは、2009年の「第12回全日本国民的美少女コンテスト」に出場していました。
第12回全日本国民的美少女コンテスト

しかしこの時は残念ながら落選していました。

彼女の意思は、この時からすでにミス・コンテストで世界1になることだったそうです。

その後、

植草学園大学附属高等学校卒業後 ⇒ 和洋女子大家政学群服飾造形学類

和服のことを勉強したいとこの学校を選んだ、今回の「ミス・ナショナルコスチューム」は彼女にとって勉強してきた成果が認められたこととなる。

中川愛理沙さんは、将来の夢として「大学で学んでいる和裁の技術、伝統を世界に広げていきたい」と言った。

■ 中川愛理沙さんの現在までの主な活動は?

雑誌「魔法のまつげエクステ

ファッションショー「TOKYO SWEETS COLLECTION 2013」(2013年)

スチール「資生堂クリスタライジングストレート」

■ ミス・インターナショナル・コンテストとは?

(Miss International、THE INTERNATIONAL BEAUTY PAGEANT)

世界を代表するミス・コンテストミス・ワールドミス・ユニバースと並ぶ3大イベントの1つ。

このコンテストは、

1960年女性による「平和と美の親善大使」として国際社会への貢献を目指す世界のミスたちがアメリカ・ロングビーチに集い始まった。

1966年中止。

1968年から日本で開催されている。

現在に至るが、

※ 以下の2つは例外となっている。

1970年は日本万国博覧会開催を記念して大阪、

1971年大会はアメリカ・ロングビーチ、

で開催された。

■ 日本人の過去の受賞は?

1970年に須田敏江さんが4位

2002年に漆島花さんが3位入賞

2012年の沖縄大会では吉松育美さんが日本初となる「ミス・インターナショナル

を獲得している。

 
■ 審査員は?

女優の藤原紀香

板東眞理子・昭和女子大学長

デザイナーのコシノジュンコ

「2014ミス・インターナショナル」のプエルトリコ代表バレリー・へルナンデス・マティアス

中川愛理沙水着1
 
■ 2015 ミス・インターナショナル世界大会の結果は?

1位 エディマー・マーティンズ(20):ベネズエラ代表

2位 ジェニファー・ヴェール(20):ホンジュラス代表

3位 ユニース・オンヤンゴ(22):ケニア代表

4位 ファム・ホン・チュイバン(22):ベトナム代表

5位 リンゼイ・ベッカー(25):アメリカ代表

■ 他の賞の受賞者は?

ミス・ナショナルコスチューム賞中川愛理沙(19):日本代表

ミス・パーフェクトボディ賞エディマー・マーティンズ(20):ベネズエラ代表

ミス・ベストドレッサー賞ジャニセル・ルビナ(21):フィリピン代表

となっている。

 - 芸能・エンタメ