速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

有村架純と高良健吾共演!冬ドラ「いつ恋」PV動画あり高畑充希・西島隆弘など豪華キャスト

      2016/05/10

Sponscred Links


 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
坂元裕二が手掛ける青春群像ラブストーリー

フジテレビ系:毎週月曜 21:00~21:54

有村架純いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

目次
■ いつ恋とは?
■ いつ恋のストーリー
 ◇ 杉原音(有村架純)
 ◇ 曽田練(高良健吾)
 ◇ つらい過去を背負いながら、明るく積極的に生きようとする2人。
 ◇ 杉原音と曽田練の出会い
■ いつ恋の主題歌紹介
■ いつ恋のキャスト
■ いつ恋の相関図
■ この冬話題のドラマはこちらから<

【公式】「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

■ いつ恋とは?

脚本家:坂元裕二は「東京ラブストーリー」「最高の離婚」などの生みの親。

そんな坂元裕二さんが「人生はつらい、でも恋をしている時は忘れられる」をテーマに描いた「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

非現実的な都会の生活を送るドラマが多い中、東京で生きていく厳しさ、そして困難な恋をしていく姿を描いた、若者たちの群像ラブストーリー。

■ いつ恋のストーリー

 ◇ 杉原音(有村架純

母を亡くし、北海道のさびれた町で林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)夫妻のもとで暮らしていた。

寝たきりの知恵の介護の為、音は家政婦のようにこき使われた。

 ◇ 曽田練(高良健吾

福島で農業に従事する祖父・健二(田中泯)に育てられた曽田練(高良健吾)は、人を疑うことを知らない。

祖父がだまし取られた畑を買い戻すために、運送会社で引っ越しの仕事に就いていたが、遊ぶことなどできないで働く毎日。

安月給で貯金ゼロ、古ぼけたアパートで生活するのがやっとであった。

 

 ◇ つらい過去を背負いながら、明るく積極的に生きようとする2人。

音は「夢など実現できない」と言う事を、林田夫婦から教え込まれてきた。

そして、それが当たり前と生きてた。

一方練には、恋人の日向木穂子(高畑充希)がいた。

木穂子は、お人好しで騙されては借金を作ってしまう練のことをほおってはおけなかった。

練も困惑しながらもそれを拒絶することができないでいた。

 ◇ 杉原音と曽田練の出会い

ある日、練の友達である中條晴太(坂口健太郎)が、北海道を旅行した際拾ったというカバンを見せられた。

練は、そのかばんの中にあった古ぼけた手紙を見つける。

「音へ」と書かれたその手紙を読んだ練は、これは絶対に持ち主に返さなければならないと強く感じ、

会社のトラックを飛ばして北海道へと向かう事となった・・・

若い2人を中心に、5年半の成長を記録した長丁場のドラマである。

高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎という注目される旬なキャストをサポートに付け、男女6人の思いが複雑に絡み合っていく。

有村架純いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

Sponscred Links

■ いつ恋の主題歌紹介

主題歌:手嶌葵さんの「明日への手紙」歌には思わず涙が止まりませんでした。

■ いつ恋のキャスト

有村架純(杉原音)

高良健吾(曽田練)

だまし取られた祖父の農地を買い戻すために上京したが現実は厳しく、運送会社「柿谷運送」で働くも給料が安く、苦しい生活を送る。

高畑充希(日向木穂子)

練の恋人で、何かとだまされて借金をつくる練をお金のことを含めて助ける。

西島隆弘(井吹朝陽)

音に恋愛感情を持つ隆弘は、大手介護施設「春寿の杜」社長の息子で、偉大過ぎる父へ愛憎を抱く。

森川葵(市村小夏)

練の地元の後輩で練のことが以前から好きであるが、都会にあこがれ没頭するうちに都会の闇にのまれていく。

坂口健太郎(中條晴太)

練の親友だが、類まれなルックスを武器に東京での生活をおう歌していく。

■ いつ恋の相関図

有村架純いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう-相関図有村架純いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう-相関図

■ この冬話題のドラマはこちらから

有村架純と高良健吾共演!冬ドラ「いつ恋」はこちらからどうぞ

話題の新ドラマ一挙公開2016Vol1はこちらからどうぞ

綾瀬はるか!わたしを離さないではこちらからどうぞ

深田恭子のダメな私に恋してくださいはこちらからどうぞ

香取慎吾の家族ノカタチはこちらからどうぞ

長瀬智也のフラジャイルはこちらからどうぞ

堀北真希のヒガンバナはこちらからどうぞ

SMAP・草彅剛スペシャリストはこちらからどうぞ

広末涼子と内田有紀のナオミとカナコはこちらからどうぞ

亀梨和也・広瀬すずの怪盗山猫はこちらからどうぞ

 - あ行