速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

STINGER5・ワードプレスのデータ消失を回避、初心者でも簡単なバックアップの取り方

      2016/01/03

Sponscred Links

もしもの場合に備えて、バックアップを取っておこう。

目次
■ 記事・コメント・カテゴリー・タグなどのバックアップ
■ FFFTPソフトを使ってプラグイン・テーマ・画像をバックアップ
■ 他にも覚えておいたほうが良いと思われるデータは?

 記事・コメント・カテゴリー・タグなどのバックアップ

まず最初に大事な投稿記事バックアップをしましょう。

ワードプレスには付属ので記事やコメントをバックアップできる機能が備わっています。

それでは早速やってみましょう。

ワードプレスの管理メニュー(ダッシュボード)から「ツール」→「エクスポート」を選択。

記事のバックアップ

下のような画面が表示されるので、「すべてのコンテンツ」にチェックされていることを確認して「エクスポートファイルをダウンロード」ボタンをクリックします。

記事のバックアップ

※これにはすべての投稿、固定ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグ、ナビゲーションメニュー、カスタム投稿が含まれます。

このダウンロードは数秒で終わりますので、特に記事を投稿した後は必ずやっておきましょう。

ダウンロードが終了すると

GoogleChromeでは、

記事のバックアップ

ダウンロードページでは、

記事のバックアップ

以上のようなXML形式のファイルがダウンロードされています。

 FFFTPソフトを使ってプラグイン・テーマ・画像をバックアップ

FTPソフトの設定はできていますか?

FFFTPソフトインストールと設定はこちらから

接続すると左側にあなたのPCのファイル一覧、右側にサーバーのファイル一覧が表示されます。

FFFTPソフトを使ってプラグイン・テーマ・画像をバックアップ

PC(左側)にバックアップ専用のフォルダを作成しよう。

例えばデスクトップにバックアップ用のフォルダtest」を作ってみます。

FFFTPソフトを使ってプラグイン・テーマ・画像をバックアップ

test」をクリックしてみると、当然作ったばかりなので、何も入っていません。

FFFTPソフトを使ってプラグイン・テーマ・画像をバックアップ

次に、右側からあなたの独自ドメインのフォルダを探し、見つかりましたらフォルダをクリックしてみましょう。

前回の設定では、Xサーバーを使用して設定しておりますので「あなたの独自ドメイン名」→「public_html」→「wp-content」と進んでください。

このフォルダの中にある以下の3つをダウンロードします。

1.plugins(プラグイン)

2.themes(テーマ)

3.uploads(画像など)

右クリックをするとメニューが出てきます「ダウンロード」をくりっくしてください。

FFFTPソフトを使ってプラグイン・テーマ・画像をバックアップ

FFFTPでダウンロード

これで必要なデータをバックアップすることができました。

簡単にできましたよね、めんどくさがらずに是非やっておきましょう。

 他にも覚えておいたほうが良いと思われるデータは?

管理メニュー(ダッシュボード)から「設定」の中にはメモしておきたい情報もある。

例えば、「投稿設定」の中の更新情報サービス一覧や「パーマリンク設定」などは画像キャプチャーメモ書きをしておこう。

もし、データーが消滅した場合、バックアップしたデータを復元することになるが、これらを覚えていないと使えない場合があるので、注意が必要。

如何でしたでしょうか、バックアップは天災と同じ、いつやってくるかわからない事態の備えです。

■ STINGER5のカスタマイズをしております、よろしければどうぞ

STINGER5初心者でもできた、ヘッダー画像設定とヘッダーのサイズを変更する簡単な方法

STINGER5のトップページに、最新投稿記事の全文を1件だけ表示する方法!初心者用・簡単カスタマイズ

STINGER5のh2・h3・h4見出しカスタマイズ|プロのような見出しを初心者でも簡単に作る方法

STINGER5・h2~h4デフォルト見出しをAddQuickTagを使って簡単に使用する方法

初心者の私にもできた!!STINGER5のh2見出しをカスタマイズする簡単な方法

 - 未分類 , , ,