速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

米軍のイージス駆逐艦ラッセン南沙諸島へ、領有権主張中国は「強烈な不満」

   

Sponscred Links

米軍は、中国が南シナ海の南沙諸島(スプラトリー)で領有権を主張する人工島から12カイリ内に入り航行の自由を行動で示す作戦を行った。

ラッセン1
今回の米軍がとった行為は、「中国の主張する領海法は認められない」との警告が含められている。

南沙諸島
領海法とは?

中国は1992年に領海法を制定「中国領海内を航行するには中国政府の許可が必要」と規定している。

では何故この領海法を無視してまで今回の行動を起こしたのか?

背景には米国共和党あるいは、ベトナムフィリピン両国による批判を米国側が受けている、

米国中国に働きかけたが、両首脳会談でも進展は無かった。

これに対しオバマ政権は黙っている訳にはいかない状況となっていた。

 

ここまでで、チョット違和感を抱いた人はいないだろうか?
国際法では領土から12カイリ内が領海とされている、しかしスビ礁中国が埋め立てを行う以前は満潮時になると完全に海面下に沈んでいた。

と言うことは中国の主張そのものが通らない事になる。
もともと暗礁で人工島になっていても通常、領土主張は認められないと言うのが国際法だ。

領海でないとすれば、当然12カイリも何も関係なく自由に公海できるはずだ。
そもそも国際法では中国の領土でもなんでもない、領海法などを設定しても何の効力も無いことは明らかなのだが、

中国が「中国の領土だ」と主張するのだから仕方ない。

スビ礁※あなたは、この中国の主張信じられる?
言っても聞かないのなら実力行使だと言う展開だ。
これに対し

今回の米軍の行動に対し中国外務省は「強烈な不満」を表明、「米艦船を追跡した」と発表した。

さらに、中国外務省は駐中米大使に対し「厳重な申し入れと強烈な抗議」を行った。
それは国際的には通らないのだが・・・
さらに米軍は、

中国が既に3,000メートル級滑走路を完成させているファイアリクロス礁などで同様の作戦が続くだろうとしている。
このままアメリカの行為が続けば、中国側の対抗措置として、

1つは今後も監視、追跡、警告を続けること。

2つ目は中国艦を米艦に異常接近させたり衝突させたりすること、

3つ目は中国艦に、米国の領海を無害通航させること。

過去の例から見て、いずれも現実性がある。
全く馬鹿げていることを主張していることが分かるだろうか?

南沙諸島1

簡単に流れを見てみよう。
まず中国の土地でない(誰のものでもない)

↓ ↓ ↓ ↓

中国が勝手に埋め立て建設物を作り始めた。

↓ ↓ ↓ ↓

米国を始め多くの国が止めなさいと警告。

↓ ↓ ↓ ↓

言うことを聞かないので、米海軍がその敷地内を通った。

↓ ↓ ↓ ↓

中国が怒り、アメリカに抗議。

↓ ↓ ↓ ↓

さらに大きな建物を建てると主張(それも早急に)
これって誰が見ても可笑しいよね?

 

まあ中国ってこんなことを平気でする国ってことは重々考えておく必要はある。
少し前に珊瑚礁を取りに来ている中国船のことを覚えている人は多いと思う。

中国船珊瑚礁

この行為さえ中国政府が支持していたのではと言う疑惑さえある。
中国日本に対し事前調査していたと言う声もあった。
結果自然破壊・経済の損失があったにもかかわらず、何の措置もされていない。

中国としては、日本は手を出さないと言うことを確認できたし、お金も頂いた大収穫だった。

中国船珊瑚礁1

全く自分勝手な中国

今回の行動によって中国が人工島から手を引く可能性はないと断言する。

既に南シナ海で「中国は制空権を確保」しているという。

しかも、南シナ海での防空識別圏設定を行う可能性があるという。
中国に対する批判姿勢の各国を3つに分けた。
1.領有権を争うベトナムマレーシアブルネイ

2.ミャンマーラオスカンボジア中国経済の影響下にあるので批判姿勢は弱いという。

3.韓国は態度表明を避けている。

最後に、この先の両国の取る対応には興味がわく

最終的に中国が手を引く展開になればよいのだが、

したたかな中国に期待は出来ないか?

 - 世界情勢