速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

【速報】絶対王者羽生結弦・ISUグランプリファイナル世界歴代最高得点更新|宇野昌磨・村上大介好位置

   

Sponscred Links

スペイン・バルセロナで幕を開けたフィギュアスケートのグランプリシリーズファイナル

■ 羽生結弦(ANA)110点越えで再び世界歴代最高得点更新する。

羽生結弦
羽生結弦NHK杯で出したショートプログラム世界歴代最高得点を超え110.95点をたたき出した。

シリーズポイントトップを誇る昨季世界王者ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が地元の大声援を受け91.52点で2位。

18歳の金博洋(中国)が86.95点で3位に入った。

ハビエル・フェルナンデス金博洋の2人にとっては、未知の領域に入らないと届かない得点を誇る羽生結弦の演技は1歩抜きんでている。
ハビエル・フェルナンデス金博洋
よほどのことがない限り羽生結弦の3連覇は間違いないと言っておく。

ちょっと気になったことがある。

パトリック・チャンが低迷してしまったことだ、一発勝負のフィギュアではこんなことはしばしある。

日本人選手にも十分注意して素晴らしい演技を演じてほしい。

Sponscred Links

■ グランプリシリーズファイナル・ショートプログラムの得点表を見てみよう。

グランプリファイナルショートプログラム

得点表を見て頂ければわかると思うが、2位のフェルナンデスとは19点以上離れている、この差を埋めるのは容易ではない。

フェルナンデスがあえて高難度のプログラムに変更する可能性はないことから、羽生結弦の優勝はほぼ間違いないということになる。

となると後の興味は、羽生結弦の世界歴代最高得点をトータル得点で更新か?ということとなる。

前回322.40点だったので110.95点を引くとフリーで211.45点以上獲得できれば可能となる。

13日はぜひとも応援しよう。

NHK杯の得点表はこちらから

■ 宇野昌磨・村上大介の表彰台の可能性は?

2人とも初のグランプリシリーズファイナル宇野昌磨(愛知・中京大中京高)が86.47点で4位、村上大介(陽進堂)は自己ベストを更新する83.47点で5位。

宇野昌磨は3位とはいえ3位の金博洋にわずか0.48点差フェルナンデス5.08点差があるだけなので、ミスなく演技を終えれば表彰台に上る可能性は充分にある。
宇野昌磨
フェルナンデスは、もともと堅実な演技をするタイプの選手なので、追い抜くのは困難なのかもしれない。

金博洋は、4回転ジャンプを4回織り込んだ世界初のプログラムに挑戦してくるであろう。

前回のNHK杯ではまだまだ粗削りな面を見せていた、高難度なだけにミスを犯す可能性は大きい。

村上大介も3位まで3.48点差フリープログラムの良し悪しでメダル獲得の可能性は残っている。

せっかくつかんだチャンス、悔いのない滑りでファンに答えてほしい。

P.S ■ ジュニアグランプリファイナルの順位報告。

男子ショートプログラムは、

山本草太(愛知みずほ大瑞穂高)が72.85点の3位。

女子ショートプログラムは、

本田真凜(大阪・関大中)が3位につけた。

白岩優奈(京都醍醐FSC)は5位

三原舞依(神戸ポーアイFSC)は6位スタートとなっている。

 - フィギュアスケート , , , ,