速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

リオ五輪7人制ラグビー男女共出場決定!!ルールを知ってもっと楽しく応援しよう

   

Sponscred Links

7人制ラグビーを応援しよう

■ 7人制ラグビーのポジション

7人制ラグビーは、3人のフォワードと4人のバックスで構成されている。

スクラムは各チーム3人のフォワードが行う。

フォワードは従来の15人制のラグビーと違い、俊敏な動きが必要となる。

特に男子は15人制のバックローと呼ばれる(FL・NO8)が多くセブンズフォワードを担っている。

セブンズスタイル

白: フォワード

1 – プロップ
2 – プロップ
4 – フッカー

黒: バックス

3 – スクラムハーフ
5 – フライハーフ
6 – センター
7 – ウインガー/フルバック

のポジションで戦う。

■ 簡単なルールの説明(カッコ内は15人制)

フィールド上の各チームの選手が7人(15人)

5人の控え選手(7人)、5回の交替回数(7回)

前後半各7分(各40分)ハーフタイムは1分(10分)
※大会決勝では前後半各10分、ハーフタイムは2分(大会規定により異なる)で行われることもある。

同点の場合、前後半各5分の延長戦を行う。

全てのコンバージョンキックペナルティキックドロップキックとなる(ドロップキックプレースキック)。

コンバージョントライ40秒以内に行わなければならない(60秒)。

スクラムは3人で組む(8人)。

得点後は得点したチームのキックオフで開始(得点されたほうのキックオフ)。

イエローカード2分間(10分間)の一時退場となり、相手チームに数的優位な状態が与えられるパワープレイとなる。

審判はアドバンテージを素早く決定する。

キックオフ時のミスノット10mダイレクトタッチなど)は相手フリーキックとなる。

コンバージョンキックの際、相手はチャージできない。

主要な大会では、通常のタッチジャッジ2名に加え、インゴールジャッジが各1名ずつインゴールに立つ。
セブンズでは、ボールを持ったプレーヤーが独走状態でゴールに向かう場面などが多く、レフリーが追いつけない場合、死角が生じるため。

Sponscred Links

■ ラグビー(セブンズ)の用語を解説。

スクラム:ノックオン・スローフォワードの軽い反則後、両チームのフォワードが組合いリスタートします。
スクラムハーフが自分のチームにボールを投げ入れ、フォワードが足で後ろにかきだしプレーが再開されます。
※スクラムでは、組んだ状態のまま回転してはいけません(フォワード日からの差があると回転してしまうことがある)。
スクラム
トライ:敵地のインゴールにボールをタッチさせれば5点を獲得できる。

ノックオン:プレーヤーが前にボールを落としてしまうことを言います(相手ボールでのスクラムで再開します)。

オフサイド:ボールのある位置より前からプレーに参加した場合の反則(相手チームにペナルティキックが与えられる)。

ノット10m:ペナルティキック・フリーキックを蹴る時守っている側のプレーヤーは、ボールの蹴られる地点より自陣に10m以上戻らないといけません。
最初に反則があった地点から前方に10m進んだ地点でペナルティキックが与えられます。

10mオフサイド:ボールを前方に蹴り出した時、プレーへの参加は、ボールの落下地点より10m下がってからでないと認めらない。

タッチ:ボール、もしくはボールを持ったプレーヤーがタッチラインの外側に出てしまうこと。

ダイレクトタッチ:自陣22mラインより前で蹴ったボール(ペナルティキック以外)が直接タッチラインの外に出ること。
この場合、蹴った時点から最も近いタッチラインから相手チームのラインアウトで再開する。

コンバージョンキック:トライを決めた後に得られるキック。
トライを決めた地点とタッチラインの平行線上からゴールキックを狙います。蹴り方はプレースキックとドロップキック(7人制はこちらだけ)。

ペナルティキック:相手チームが重い反則を犯した時に与えられるキックのことを言い、ゴールキックを狙うことが出来る。

ドロップキック:ボールを地面に落下させ、跳ね返ってきたボールを蹴るキック。

プレースキック:五郎丸選手ルーティンをして蹴るのがこれに当たる、地面に置いたボールをキックすることを言います。
五郎丸ルーティン
フリーキック:相手チームが軽い反則を犯した時に与えられるキック、ゴールキックを狙うことは出来ない。

キックオフ:前後半の開始、得点後のゲームの再開をおこなう呼び方。
ハーフウェイラインより自陣サイドから、相手陣地にドロップキックでボールを蹴りこんでゲームを始めます。

イエローカード:悪質な反則に対して出される警告の1つで、10分間の退場処分が課せられます。
イエローカード
パワープレイ:イエローカードで退場処分が課せられている間、人数の多い状態でゲームを行うこと。

ざっと簡単にあげてみました、これだけ知っているだけで五郎丸選手のゲームを見るときなど、ラグビー(セブンズ含む)観戦がもっと楽しくなりますよ。

 - ラグビー , , ,