速報・最新ネタ

ニュースネットでお小遣い稼ぎ

羽生結弦グランプリシリーズ・NHK杯、歴代世界最高得点を更新322.40点:無良崇人3位

      2015/12/10

Sponscred Links

グランプリシリーズ最終戦のNHK杯が28日(長野市:ビッグハット)でフリープログラムが行われた。

■ 羽生結弦さんの結果は?

入りから4回転ジャンプを正確に決め、陰陽師の楽曲にもうまく乗り素晴らしい演技を見せ、4回転と3回転のコンビネーションジャンプも無難にこなした。

全てのジャンプを決めた羽生結弦の終盤は、観客の拍手に乗って演技する。

演技が終わった羽生結弦は、納得いく演技だと確信しガッツポーズを見せた。

圧巻の演技でどこまで得点が伸びるのか?

注目は夢の300点だった、

216.07点でトータル322.40点と世界歴代得点を大きく上回った、まさしく夢の演技となった。

当然グランプリファイナルを決めた。

Sponscred Links

■ 金博洋(中国)は?

若手の成長株が、世界初の4回転ジャンプを4回飛ぶプログラムで挑戦してきたが、最後の4回転ジャンプが体制を崩し飛べなかった為得点が伸びず、

170.79点でトータル266.43点で2位につけた。

■ 無良崇人さんは?

転倒はなかったものの2回ほど回転不足となりポイントを落としてしまった。

得点が発表されたときには、チョット不満そうな表情を浮かべていたが、今シーズンの自己最高点153.92点でトータル242,42点となり3位となった、

■ 田中刑事は?

冒頭の4回転・コンビネーションジャンプも綺麗に決め、転倒もなくフリーを演じ

161.16点を獲得しトータル234.90点と初出場のNHK杯で満足できる滑りを見せた。

後ほど詳しく修正します。

 - フィギュアスケート , , , ,